コロナ禍に立ち向かう事業者の取組み

 日本政策金融公庫

日本政策金融公庫が、新型コロナウイルス感染拡大の中で新たな取り組みに挑戦している中小企業、小規模事業者を紹介する「コロナ禍に立ち向かう事業者の取組み事例集」を発行した。

掲載された事例は、すべて昨年秋に事業者から募集した中から選んだもの。横浜市鶴見区でテークアウトを実施している飲食店66店を掲載した冊子を製作し、タクシーや駅、郵便局などに置くことでインターネットに不慣れな人たちへも情報が届くようにした「ツルミ印刷株式会社」など、全国の42事例を紹介している。

冊子のほか、日本政策金融公庫のホームページでも見ることができる。

コロナ禍に立ち向かう事業者の取組み事例の紹介
10月からの募集につきましては、たくさんのご応募をいただき、ありがとうございました。コロナ禍を乗り切ろうと様々なアイデアや工夫を重ね、企業として持続的な効果をあげることができるような取組み事例をご紹介します。今後も、順次ご紹介していく予定です。
未分類
名古屋発 資金繰り・経営改善・事業再生 解決に向けて支援いたします サポートタワーズ
タイトルとURLをコピーしました